『 ai,eps,ps 』ファイルを『 jpg,png,gif 』などに変換 ①

Category : PC便利機能

基本的にPhotoshop、illustratorをお持ちでないことが前提。 


ほしいイラスト素材が『ai,eps』などで表示すら出来ず、あきらめたりしていませんか?
一応方法はいくつかあるので紹介します。
今回はとりあえず手っ取り早く画像を表示、変換する方法を2つほど説明。



方法 ①

IrfanView


フリーの画像ビューアー『IrfanView32 』を利用する方法。
『IrfanView32  』単体では実現できないため『plugin』の追加が必要です。

この方法のメリットは画像変換はもちろん、『ai,eps,』 画像ファイルを他のファイル同様に手軽に表示できるようになるのでオススメです。(元画像が小さい場合解像度がわるい)



1) まず『IrfanView32  』を下記よりダウンロードしてインストールします。 

IrfanView最新版

一番上の IrfanView をダウンロードしてインストールします。特に注意するところはないので通常通り進んでインストールを完了させます。

※必要に応じて64bit版も選択可能。よくわからない場合は一番上で!

※一番下の日本語モジュールをインストールすると日本語化できます。

Option→Change language→Japanese→OK



2) 次に『ai,eps,ps』などが表示可能になるプラグインをインストールします。

IrfanView PlugIns

IrfanView PlugInsをダウンロードしてインストールします。

※必要に応じて64bit版も選択可能。よくわからない場合は上から3番目!



3) 念のためにPC再起動。

後は『irfanview』で目的のai,epsファイルを開くと画像が表示されるので、ファイル→名前をつけて保存と進み保存形式で好きなファイル形式を選べば変換されます。(bmp,jpg,gif,png,pdf・・・)など一般的なファイル形式はほぼOK!




方法 ② (Aiファイルのみ可)


 

acrobat readerこの方法はフリーの Adobe Reader でディスプレイに画像を表示し『プリント スクリーン 』機能を利用して好きな画像形式に保存する方法(やっつけ的)です。※Aiファイルのみに対応。

Aiで保存用紙サイズが小さい場合、実はこの方法が1番解像度が良いかも(ベクターで表示出来、拡大しても荒くならない)どちらにしてもweb素材としてなら実用範囲だと思います。


手順

  1. ai ファイルを Adobe Reader  で表示し、はみ出さないよう出来る限り拡大します。(ウインドウは最大化しておきます)
  2. キーボードの Alt + Print Screen を押して下さい。(画像がクリップボードに保存されます。)
  3. アクセサリの『 ペイント 』や『 IrfanView 』 などの画像ソフトに貼り付けます。
  4. 余分な部分を『切り出し 』や『トリミング 』などで編集します。
  5. 保存時にお好きな形式を選択し保存で完了です。


また機会があれば他の方法も紹介します。

その②






気になるアイテム