『 ai,eps,ps 』ファイルを『 jpg,png,gif 』などに変換 ②


  前回 同様、、illustratorをお持ちでないことが前提です。
ほしい素材が『 ai,eps, 』などで表示すら出来ずにあきらめたりしていませんか?

今回は前回とは別のフリーソフトを使って変換する方法です。

xnview-logo-02

XnView という画像ビューアの紹介

 

 

方法は、いたって簡単!

 

1) 『 XnView  』  のダウンロード及びインストール 

  1. 下記より『 XnVew  』をダウンロード。
  2. 『 XnView   ダウンロード  ※Setup (Multi-language) の右横のボタンです。
  3. ダウンロードしたXnView-win.exe  をダブルクリックでインストール開始です。
  4. とくに何もないので通常にインストールを完了させて下さい。
  5. PCを再起動させます。
  6. 完了

 

2) 『 Ghostscript  』 のダウンロード及びインストール 

  1. gs900w32.exeをダウンロード
  2. ダウンロードした gs900w32.exe をダブルクリックでインストール開始です。
    [実行] → [Setup] → [ レ  Use Windo・・・にチェック] → [Install] の順に進めばインストールは完了します。
  3. 念のためにPC再起動。 
  4. 完了

 

 

あとは『 XnVew   を起動させ表示させたいファイル『 ai,eps,psd 』 を開きます。

ツールバーより

ファイル → ファイル名を付けて保存 → 変換させたい画像形式を選択 → 保存

以上で変換が完了します。※変換可能なフォーマットは『jpg,png,gif,bmp・・・』 ほぼOKのようです。

【注意】

当PC環境(-32bit, Adobe-CS5, IrfanView, MysticThumbs, Ghostscript)だと 『XnVew』起動時、サムネイル表示の読込み途中(たぶんeps,ai)でプログラムの停止という症状が出てしまいます。他のソフトの競合問題のようです。

万が一同様の症状が出た場合の応急対策として

『 ai,eps,psd 』 ファイルを直接右クリック→プログラムから開く→XnView を選択

これだと問題なく開くことが出来ます。選択時にXnView が無い場合は、『既定のプロクラム選択…..』から選択します。

※[この種類のファイルを開くときは… ]のチェックは用途により選択して下さい。

 

以上ですが、もしかすると『IrfanView 』よりも使い勝手がいいかも・・・

参考 ⇒ 『ai,eps,ps』ファイルを『jpg,png,gif』などに変換 ① 



スポンサーリンク
気になるアイテム