スタートメニュー →「ファイル名を指定して実行」をクリック、「regedit」と入力して「OK」をクリック。

レジストリエディタが起動するので、下記の順で「Winlogon」までたどる。


 HKEY_LOCAL_MACHINE→SOFTWARE→Microsoft→

WindowsNT→CurrentVersion→Winlogon


  「Winlogon」を右クリック

「新規」→「文字列値」を選択し

「ForceAutoLogon」という文字を入力。

「ForceAutoLogon」をダブルクリック

「値のデータ」に半角で「1」と入力。

「OK」をクリック。

 

もう一度「Winlogon」を右クリック

「新規」→「文字列値」を選択。

今度は「AutoAdminLogon」 という文字を入力。

「AutoAdminLogon」 をダブルクリック

「値のデータ」に半角で「1」と入力。

「OK」をクリック。 

 

後は

レジストリエディタを終了してWindowsを再起動。


これで、ログオフを実行してトイレから戻って来たとき、『ようこそ』画面で待っていてくれることは無くなりそうです。

※「Shift」キーを押したまま、ログオフすれば『ようこそ』画面 を表示出来ます。